そしてブルーズへの回帰

「まだロックが好き」のつづき

新築街の悪魔

家庭のあたらしいメンバー、螳螂のラッキーくんに餌をあたえるため、ちかくの畑まで歩を運び、モンシロチョウの乱獲をおこなっているため、いま世界ではモンシロチョウが絶滅の危機に瀕しているという。ゆゆしきことである。 さいきん、虫に対する属性がつい…

「最終的には奥田民生になりたいとおもっています」

天下りの多い会社でやばいとおもう。弊社。こないだ、また「顧問」という肩書きの、見知らぬ御大と面談する機会があったのだが、おもわず「最終的には奥田民生になりたいとおもっています」と、口からこぼしてしまうところであった。 というのも、「これから…

吹き荒ぶ風の上に茜色の空

うどんやの釜だよ、まったく。って「うどんやの釜」というフレーズを学問したおれはすぐさま使っちゃいたくなるんですな。意味もなく。自分のそういうとこ少年じみてて好き。 さいきんポリスに嵌った。あのポリスである。アップルミュージックに「おすすめ」…

日記

十月二十五日。木曜日。夜。月のきれいな夜だった。妻とヴィゴ・モーテンセン主演の映画「はじまりへの旅」を観ていた。ヴィゴ・モーテンセンはアラゴルンです。けっこうおもしろかった。 映画中、なんだか腹の容子がおかしいぞ、と妻から申告される。まぁよ…

アブノーマルが足りなくない?

む。 とか書くことねぇから書いてみたりして。なんかそういう現代詩を谷川俊太郎が書いてねぇっけ? たしかあれは「ぬ」だったような。「ぬ」とか書いてみて「ぬ」はあるけど、それを消しゴミで消してみると「ぬ」はなくなって、でも「ぬ」と書いた事実は消…

GLAY「HOWEVER」の二番のサビで盛り上がる夫婦

ビートルズに「ヘルプ」という曲があって、出張なんでも鑑定団のテーマとして使われていることで有名だけれども、これがいい曲なんですよ。ご存知? ビートルズの曲はサビからはじまることがおおい。それはおそらく曲のパンチ力を意識したがためだとおもわれ…

笑った顔がせつなくて

曇っていた。しかし晴れがましい気持ちというか、光明が差し込むような気持ちになれたのは、三歳児から四歳児への過渡日であったからである。 ナックルコングというゴリラ型ゾイドとドラえもんのパズルでパニックという玩具を用意していた。朝覚醒し、階下に…