そしてブルーズへの回帰

「まだロックが好き」のつづき

おれんちの連休

 蓴羹鱸膾。ジュンコウロカイ。でねえの、変換。ましてや書けるわけない。だってほら。字数が多すぎる。ね。だからグーグルの検索欄に「じゅんこうろかい」って打ち込むの。すげぇねグーグル。あいつすげぇ漢字書ける。で、でてくんの。蓴羹鱸膾。だからね、それをコピーしてペーストして、ってゆう手間をかけてんの。日記。すげぇよ、おれ。心がけが殊勝である。まじ。

 つって、そんな気持ちもないんだな。だからそんな気持ち、ってのは蓴羹鱸膾ってことであって、つまりは望郷よね。そんな気持ちがひとっつもない。めんどくせぇのよ。でもね、行ったよ。静岡。ほんと不随意運動。って、そんなものではなく、妻から懇願されたからである。

 高速道路を突っ走る。ぐんぐんに。途次。やはり渋滞。やだね。飛ぶよ。つって運転席横にあるプラスチックのカバーに覆われた赤いスイッチを、カバーをかばっとあけて押す。自動車から四基のプロペラが突出し、ドローンの要領で浮遊し、飛行した。でもみんなも飛んでいたので航空路も渋滞していた。あちゃー。

 で、母。母に会う。買い物に行く。マークイズ。変わった場所、変わらぬ場所。道々に今昔をかんじる。せっかく静岡に来たので有名ハンバーグ店さわやかに歩を運ぶ予定であったが、三歳児がハッピーセットがいい、というのでマックにした。埼玉も静岡もフードコートは万古不易の混雑ぶりであった。あとマックも。衣類と玩具を購入していただいた。

 で、祖母。祖母と祖父にあう。祖父はもう耄碌してしまっている。息子をおれだとおもっていて、「ゆうちゃん」と呼ぶ。だからそのたびおれが「はーい」という。その家の犬畜生と遊んだ。たのしそうだった。

 夕餉を食らい、眠った。翌日は妻の実家。父母がすでに鬼籍に入っているので祖母だけにあう。こちらも耄碌している。おこづかいをもらった。二万円。やったぜ。またおもちゃを買う。ホットウィール

 帰路。またびゅんびゅん飛ばしていく。途次、事故による渋滞。六台ほどの巻き込み系事故だった。気をつけようとおもう。ちなみにBGMは行きも帰りも落語をキめた。白熱のトゥーデイズ。

 五月五日。これが記憶のない一日だった。兎角疲れていた。ふぅ。ってかるい溜息を二億回した。午前にアマゾンで発注していたブロワーが来た。それを使用し、外周の清掃をおこなった。植木の落ち葉。これらが玉砂利におちており、マニュアル操作であると非常にしんぎんするためにオートマチックの機器に恃むことにした。いいかんじだった。近所のカレー屋でカレーを食った。ナンがうまい。あと二億回目のウィーザーブームがきた。

 五月六日。五月人形を片した。前日、息子が柏餅をお供えした。それを妻はいつのまにか皿ごと方しておったので、これだから女はわかってねぇ! って業腹し、おれはこっそり皿だけ置いておいた。したら息子が「柏餅なくなってる!」と驚嘆。おれは、パパをした感にむせんだ。

 変わらない日々。また日常がはじまる。つれぇよ。今朝は息子があまったれで保育園に行きたがらなかった。三歳児なりに蓴羹鱸膾の念を抱いていたのかもしれない。

今週のお題ゴールデンウィーク2018」