そしてブルーズへの回帰

「まだロックが好き」のつづき

動詞的なキスを私にして

ゲスの極み乙女という楽隊のことは聴くきかいがあまりなかった。しかし今朝、なんとなくそういうふうな大衆っぽい曲を聴きたいナァとおもい、アップルミュージックを使役して聴いた。かっこよかった。 一聴すれば、まじりあうアンサンブルの混淆に、ごっちゃ…

話しのなげぇ皮膚科。乾燥しちまうぜ。心が。

サムライジャパン、という単語に「サムライなんだからジャパンが当たり前やろ」とおもうのだが、つまりこれは「カウボーイアメリカ」とか「ピロシキロシア」とか「フラダンスハワイ」とか「電動エレキギター」とか「ラウドロック」とか「緊急レスキュー」み…

息子の虚言癖

息子の三歳になるやつが、「私が仮面ライダーとなりて悪をほろぼす」とか云う。云うようになったもんだ。頃日はヒーロー系のものごとにこだわりだしており、脳の変化をかんじる。 げんざいキュウレンジャーが放映されている。我が眷属は赤いものが好きなのだ…

くだらないの中に愛が

星野源という人を「歌がへただ」とおもう人もいるかもしれない。そう思うのはミスチルの桜井やアイコのことを「歌がへただ」とおもう人が一定数いるからであって、ではなぜ、この人たちのことを「歌がへただ」とおもうか、というと、おそらくそうおもう人は…

狂った遠近法

十一月十一日。土曜。晴れ。桃色のグラデーションが空色とまじわる朝、そしてツイッターで「ベースの日やで」とさかんに手持ちの低音弦楽器を晒しまわす朝だった。 その午前。妻が労働により不在。三十一歳の霊長類が借金で売買契約をした陋屋で、その息子た…

こんなクソ人間からでも芸術は生まれる

人間のくずとして生まれて幾星霜。軽蔑され、嘲弄され、野良犬のような生活をつづけてきた。でもかなしくなんかないもん。だって、ときおり芸術的なものを生み出せることに気がついたから。今朝もそうだった。完璧なうんこが出たのである。 「完璧」というと…

まるで天秤のようだ

あっちのブログを間違えて公開してしまい、購読ブログにあがってしまったので急遽こちらで書いたブログを本ブログにアップしたのだが、こちらで一度あげてしまった内容なので、こんだぁこっちが上がってしまって、じゃぁこっちにもなにか書かんとナァとおも…